スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀AIが進んでいない理由

麻雀AIというと、「爆打」が有名だけど、
将棋や囲碁のAIに比べると進んでいなくて、まだ人間のほうが強い。

なんで麻雀AIは進んでいないんだろう?って思う人もいると思うので
個人的な見解を書いておく。


1.ゲームとしての知名度が低い


日本のテーブルゲームとしては割とメジャーだけど、世界的に見ると、
オセロやチェス、囲碁、将棋などと比べるとまだまだメジャー度合は低い。
世界大会みたいなものも最近では開かれているので徐々にメジャーにはなってると思うけど。

2.ルールが統一されていない


フリー雀荘やプロの大会、ネット麻雀など色んなところで麻雀はやられてるが
赤ドラや食いタン・後付け、ウマ・チップなど、ルールが統一されていない。

また国際的にも、AI先進国の一つである中国が、かなり異なるルールであるのも、大きな理由だと思う。
Googleなどの企業がゲームAIを進める主な目的の一つとして技術力アピールがあるけど、
中国に認められないと、アピール価値として弱くなる。

3.ルールが複雑で、開発が面倒


これが特に大きいと思う。
囲碁の場合、選択肢のパターンとしては非常に多く、ゲームとしての難易度はかなり高いが、
交互に石を置くというルールはシンプルでAIを作りやすい。
考慮するとしても、石を取るときや「コウ」くらいなもの。

それに対して麻雀は、
あがり役の事前知識が必要だったり、
赤ドラやカン、鳴き、四風連打、流し満貫、ノーテン罰符、責任払い、などなど
色んなルールが付加されており、非常に複雑。
こういったルールにAIが対応するには、
それぞれのルールへ対応するようなルールベースの処理を組み込んだり、
機械学習で学習させる要素として取り込まないといけない。

しかも、考える要素として、
・どれを切ったらあがりやすいか、高打点か
・どの牌がどれだけ山に残っているか
・各牌でどれくらい振り込む確率があるか
・鳴くべきかどうか
・リーチすべきかどうか
・あがるべきかどうか
などなど、考えることが多く、
基本的にはそれぞれに対して、
アルゴリズムを考えたり、機械学習したりしないといけないので、
かなり面倒くさく、時間がかかる。

4.労力とリターンが見合わない


上記のルールの複雑さのせいで、AIを作るのにかなり時間がかかる。

そして頑張って作っても、ちょっと話題になったりはするが、
優勝して賞金がもらえたりするわけでもなく、ビジネス展開が見えてるわけでもないので、
金銭的なリターンは少ない。
さらに、上記の知名度などの影響もあり、
時間がかかるにも関わらず、仕事としてやれる人も少ない。
かといって趣味でやるには大変すぎて挫折しやすい。

爆打があそこまで強くなった一つとして、
大学の研究としてある程度時間をかけれたことがあると思う。
(それでも、強くするのと研究としての価値は別なので強くすることに、そこまで時間をかけれてないとは思う。)




だいたいはこんな感じかと思う。

不完全情報ゲームだから難しいという声も聞くことはあるけど、
それはあまり関係ないと思う。

麻雀AI自体は面倒なだけで、他のAI分野と比べたらそこまで難しくないと思う。
(とか言って、自分はまだまだだけどw)
グーグルとかのAI研究者がしっかり取り組んだら
すぐに天鳳位くらいなると思う。

あとは、麻雀をしている層がITリテラシーが低めだったりとか、
ネット麻雀へのAI参加の敷居の高さとかも少しあるかも。



なんか文字だらけで読みにくい記事になってしまったw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pao

Author:pao
AIに興味を持った社会人天鳳民。
ID:ppaaoo 最高9段。だいたい8段くらい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。